スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで・・・

ラジオがUPできない・・・なんてこった/(^o^)\

期待していたみんな、ごめんよ!!



スカイプしてあげるから許しt=====○)д`);.・;";ブッ  


ところでBGMをまた変えた。


レジェンディアのアレだよ。アレ!






・・・ところでさ、テイルズの話ばっかしてるけど、せっかくだし、レビューでも書いてみるか( ^ω^)



興味無い人もいるだろうし、続きにするわ( ´∀`)




つーことで、ここでコメ返


鼎すん>某ネナベ様のことね( ^ω^)

つーことでレビューだわ!!

年代順に行きますわよ!!





テイルズオブファンタジア

知っての通りナムコのテイルズシリーズ第一作目。
ストーリーは結構好きな方。
キャラクターも個性的だし、特に申し分は無いと思う

ただ、SFC→PS→GBA→PSPと、移植されすぎだし、大して内容が大きく変わったわけでもないので
変に印象に残りやすいと思う。

戦闘システムは、やはり第一作品ということもあり、面白さが特に感じられない。

BGMは素晴らしいと思う。さすが桜庭氏。







テイルズオブデスティニー(PS)

ストーリーとしてはとても面白いに値する作品。
まさかの結末や、ついつい感情が顔に出てしまうくらい壮大な物語だと思う。

BGMの方も悪くは無い。むしろ人気がある曲が多い。

ただ、戦闘システムがファンタジアよりもショボイ。ラスボスも作品中最弱と言われる。
バグの数も半端なく、バグを楽しむゲームと言われてもおかしくはない。





テイルズオブエターニア

ファンタジア、デスティニーから大幅に進化した作品。

軽やかに、壮大に、迫力もある戦闘システム
本格的に秘奥義を取り入れた初の作品でもある。

キャラクターも個性豊かで、テイルズシリーズの中では一番バランスの取れた作品だと思う。

リメイクすれば、さらに人気が出ると思う。





テイルズオブデスティニー2

スピリッツポイントが減ると攻撃できないという斬新なシステムが組み込まれたテイルズでPS2初の作品。
スピリッツポイントの駆け引きが難しくて面白くないなど批判の声もあるが、慣れるとそうでもない。
個人的には結構好きなシステム。

また、GREADの機能も初めて搭載された作品で、何度でもやり込めるゲームに実現させた。

ただ、前作のテイルズオブデスティニーとの接点が少なかったり、矛盾してる点が多々見られるので
「デスティニーの続編」と考えるよりも「デスティニーを基に作られた全くのオリジナル作品」と思うのが正解だろう。


テイルズオブシンフォニア

初の3D戦闘を実現させた作品。

GC、PS2と2つのハードで発売した作品なので、プレイヤー数も結構多い。

ストーリーも結構独特で、重い内容が多くて、やや鬱になる。


テイルズオブリバース

3ラインという戦闘システムを使用した作品。

2Dなのに奥行きがある斬新なスタイルである。

また、TPが無いので、バシバシ特技や奥義を使えるので、爽快感もある。

ただ、歴代テイルズの技があまり使用されてないので、テイルズとして見ない人も結構多い。

個人的には好きな名作だと思うのだが、何故かゲーム屋で690円で売ってた。


テイルズオブレジェンディア

戦闘システムはエターニアのやや劣化した感じで、あまり楽しめない。

ただ、グラフィックやストーリー、BGMなどは豪華な仕上がりで、戦闘があまり好きじゃない人にオススメかな。

製作チームが他のテイルズとは違うのだから仕方ないか







テイルズオブジアビス

とてつもなく死者は出まくる鬱作品。
さらにロード時間が異常に長いという・・・。

その分、戦闘システムがとても素敵である
フリーラン搭載で、戦闘画面を自由自在に元気に走り回れるようになった。

ただ、専門用語などが異常に多く、僕自身もちゃんと覚えてるものが少ない。


テイルズオブデスティニー(PS2)


あらたにリメイクされ、PS版とはかけ離れた完全オリジナルセルフカバーされた作品。

戦闘システムはとんでもなく面白く、初心者でもバンバン爽快なコンボを決めれるからすごく楽しい。

ただ、キャラクターの性格や、ストーリーがPS版と大きく異なっている部分があるので
その点だけはPS版の方が上回っていると言ってもいいのかもしれない






以上です。
未プレイやテイルズオブワールドや、ファン作品は載せてません( ^ω^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。